オンラインサービス

トヨタのサブスクリプションが苦戦している理由は価格の高さか? これからの日本企業のビジネスモデルについて考えてみる

ワトソン君、ビジネス絡みの報道をこっちで取り上げてもいいよな?
今までの記事も、厳密にはニュースだと思いますけど・・・。どんな報道なんですか?
トヨタがサブスクリプションで苦戦しているという件だ。申し込みが1日6件しかないという話だ。どうしてだと思う?

トヨタの車サブスク苦戦、申込数1日6件 遠い事業化
12/16(月) 19:23配信 朝日新聞デジタル

トヨタ自動車が今年から始めた定額制(サブスクリプション)サービス「KINTO(キント)」が苦戦している。4800超の全国販売店とウェブサイトで展開しているが、1日平均での申し込みは6件足らず。トヨタは年明け以降のテコ入れ策を16日に公表したが、課題はなお多い。

KINTOは、車両代のほか任意保険や自動車税などを含む毎月定額の料金(税込み)を払えば新車に3年間乗れるサービスで、現在は15車種から1車種を選べる。最も安い小型SUV(スポーツ用多目的車)ライズで月3万9820円から、最も高い高級車クラウンは9万5700円から。今年3月から東京都の販売店で実験的に始め、7月から全国に広げている。

KINTOの申込件数をこの日、初めて公表した。3~11月の累計件数は951件。7月以降は868件だった。1日平均だと約5・7件。会見した運営会社の小寺信也社長は「手応えを感じている」としつつ、「いまの状況では事業化を語れるレベルではない。もう1段、2段と申込件数を増やすことが早急に必要」と述べた。

強化策もあわせて公表。来年1月以降に新たに16車種を投入し、最安料金を小型車パッソの月3万2780円に下げる。月1万~2万円台とさらに安い「中古車版」も群馬県の販売店で実験的に始める。トヨタが世界各地で展開するカーシェアやライドシェア(乗り合い)のサービスの名称についてはKINTOブランドに統一し、知名度アップをめざす。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000051-asahi-bus_all

1. 価格が高い

自動車でサブスクリプションをやろうと思った理由が、よく分からないんですけど・・・。
まずは公式サイトを見てみようか。話題の13種から車種を選べると書いてある。諸経費込みで月々39,820円からだそうだ。
それって、自動車をローンで買うのと、何が違うんですか?
まあそう言いたくなるよな。俺もこの価格設定は高いと思う。トヨタでも人気車種と思われるアクアやプリウス、カローラの個別ページを見ても高いとしか感じないんだよね。
月5万円は、ちょっと負担に感じますね・・・。カローラって、高級車ですよね?
いや?大衆車だと思う。高級車のクラウンなんかは95,700円する。
そんなに!?高過ぎます!
クラウンをわざわざ月10万円出して借りるなら最初から自動車ローン組んだ方が安く上がりそうに見えるよね。
クラウンって、買うといくらするんですか?
カーセンサーnetによれば中古だと300万からだね。グレードが高いのだと700~800万くらいはする。月10万円出せるなら余裕でローン組めると思う。

2. 申し込みページの画面遷移が分かりにくい

それに、何だか画面がちょっと・・・。見にくいです。
俺はこの上部にメニューが固定される形式が苦手なんだよね。許せるのは30px程度だ。それ以上の幅を取られるとブラウザが窮屈になってしまう。
それもそうなんですけど、どこから押せばいいのか、よく分からないし、何を選んだらいいのかも分からないです!
メニューの並びが今こうなってると思うんだけど、丸い部分を押したいよね。押せないんだなこれが。

1. グレード・カラー
2. オプション選択
3. 支払い・希望ナンバー
4. 内容確認

「保険・メンテ・税金コミ」の部分も、赤くて丸いのに、押せないです!ボタンみたいな表示が多すぎて、目が混乱します!
ユーザーインターフェースとして洗練されてない感じがものすごい出てる。グレード選択の項目も、何がどう違うのかが凄まじく分かりにくい。ついでに言うと“ハイブリッド”の部分もやはり押せない。
カーソルを動かすと、指の形に変わります!それなのに、押せません!
ボタン探しゲームかのようになってしまうよな。そしてカラーの選択肢も多すぎる。これでは購入時と何も変わらないよ。
レンタカーの場合は、色は選べるんですか?
普通は選べないね。レンタカーの場合は車種も逆に選べない場合が多くてそれはそれで問題だが、これは逆にあまりにも細かすぎる。面倒でサブスクリプション契約に至る前に画面を閉じてしまう人が多いだろう。

3. 消費者からも高い、名前がいまいちと不評の嵐

とまあここまで見てきたが、ネットユーザーの反応辺りも見てみようか?
ほとんど本家と同じ流れですね!こっちのビジネスサイトでは、ちょっと工夫しようと思います。

・割高だとすぐ分かる。計算できてしまうから(オーサーさん)
・「キント」という名前が・・・(LOさん)
・月に4万円も払うのに、自分の物にならないのは考えられない(DIさん)
・CMでは高くない、むしろアリだって言ってるけど、ちょっと・・・(PEさん)
・利益が2兆円もあるのに、顧客に還元はしないの?(OLさん)
・通勤に使う場合は、車種や保険内容を会社に申請するので、車種をコロコロ変えられない(BLさん)
・宣伝費だけで大赤字のような気が(WAさん)

以前やってた形式に少し戻したか。確かに本家の国際情勢ネタとは違って、純粋な経済ネタは多くのネットユーザーの考えがそのままビジネスのヒントになる可能性が高いからな。
6~7コメントなら、そんなに時間はかからないです!
やっぱり、全体的に高いというコメントが多いですね・・・。ボクも、サブスクリプションで月4万円は、高過ぎると思います!
どうせなら「トヨタサロン」を作って、トヨタの話が何でもできるサロン代金にした方がいいです!
サロン?日焼け?
違います!「オンラインサロン」と言って、最近増えてきてるんです!ボクが好きなマナブさんも、オンラインサロンを始めるって言ってます。
なるほど。ちょっと俺も調べておくわ。別の機会にやろう。
まあトヨタはここで引き下がるようなことはしないだろうし、今回の失敗を受けて出てきたネットユーザーの意見を吸い上げてサービス改善に繋げていくものと期待したいよ。そう、KAIZENな。
「KAIZENサロン」を開いたらいいと思います!世界中からトヨタユーザーを集めて、機能改善について話し合う場にするんです!
そのサロンに参加できるのは、トヨタオーナーだけということか?
そうです!いいアイデアだと思うんですけど、どうでしょうか?
レンタカーのナンバーで登録する輩が出てきてあっという間に破綻しそうだな…。それにまず言語の壁をどうするかだ。まあ“突拍子もないビジネスアイデア”には加えておくか。