オンラインサービス

山で遭難しても最短15分でヘリコプターが助けてくれる! 位置特定サービス「ココヘリ」がすごすぎた【年会費3,650円】

ワトソン君、日経トレンディに出てた“ココヘリ”っていうサービスに注目してるんだが、すごいと思わないか?
「ココナッツミルク」なら、大好物です!
ココしか合ってないだろwww 何でも食うことにこじつけるなwww
どういうサービスでしたっけ?日系トレンディを、キンドルで探してるんですけど・・・。
日系トレンディと書くとドラマか何かのように聞こえるね。まあいいや。73ページだ。
何月号でしたっけ?
そこかよwww 2019年12月号の2020年ホットチャート特集の話だとこの前話しただろうがwww

手のひらサイズの発信機はメイドインジャパンで安心

すみません(笑) ボクも買った事を、すっかり忘れてました!
ココヘリというのは、簡単に言うとココにヘリがやってくるサービスだ。山とかで遭難した場合にも、ココヘリ会員が持てる手のひらサイズの発信機が位置情報をヘリコプターに逐次提供することで助けてもらえるという仕組みだ。
山で遭難するというシチュエーションが、ボクには考えにくいんですけど・・・。
ワトソン君は登山はしないのか?山好きの間ではブームになっているそうだぞ。山岳部で遭難した場合はまず発見するのが難しいが、ココヘリ会員になっておけばそれこそ足を怪我した場合でも難なく助けてもらえる可能性がぐっと高まるわけだ。
ちょっと、調べてみます!「ココヘリ」というサービスの名前なんですか?
“COCOHELI”でも“ココヘリ”でも出てくる。“会員制捜索ヘリサービス”という何ともパワフルな物言いだ。だがその実績は目を見張るものがある。
公式サイトを見てます!メイドインジャパンみたいです。位置情報を他の国に知られないなら、安心だと思います!
しかも1事案につき3フライト=9時間分まで無料というのがすごいね。9時間も山中を無料で探し回ってくれるんだぞ?よっぽど山奥の深いところとかでなければ見つけてもらえるだろう。
沖縄が対象外なのが、ちょっとだけ残念ですね・・・。沖縄で山登りは、怖くてできないです!
まあ離島という点がネックだわな。沖縄の場合は海上保安庁とかの出番が多い気がする。

発信機を持っていれば絶対に助けてもらえるという安心感

救助実績がまたすごいね。直近1年での23件の捜索事案のうち、不携帯だった1件を除いて22件で発見できているんだ。持っていれば絶対に助けてもらえるという安心感は計り知れないよね。
残り1件は、「未解決事案」というのは、どういう意味ですか?
普通に自力で下山したとかじゃないの?知らないけど。
富山県の事例が、産経新聞さんで紹介されてました!たった15分で発見してくれるなんて、すごいです!
これだな。目視では1時間でも見つからなかったが、ココヘリ親機を搭載したらたったの15分。GPSが使えない場所でも対応というのが特に素晴らしいね。発信機のバッテリー切れだけは注意しないといけない。

山岳救助に強力な「助っ人」 遭難時の位置特定サービス「ココヘリ」全国で導入 福岡のシステム会社が開発
2019.9.17 07:00

 福岡市のシステム会社「オーセンティックジャパン」が開発した山岳遭難時の位置特定サービス「ココヘリ」が、全国の警察や消防で続々と導入されている。今夏、北アルプスでの救助に役だった実績を買い、全国屈指の山岳警備ノウハウを持つ富山県警が、強力な「助っ人」として本格運用の検討を始めた。

 ココヘリは平成28年からサービスを始めた。登山者は縦6センチ、横4センチの発信機型会員証を持って、入山する。遭難した場合、捜索隊は会員証の電波をもとに、位置を特定する。半径約5キロの広範囲をカバーできる。

 上空からの目視や徒歩での捜索に比べミスがなく、衛星利用測位システム(GPS)が使えないケースにも対応する。
・・・

 富山県では8月1日に同県黒部市の清水岳で遭難した静岡県富士宮市の70代夫婦の救助につながった。

 同日午後、遭難の一報を受け、富山県警がヘリコプターからの目視で約1時間捜したが発見できなかった。同日夜、家族への聞き取りで夫婦がココヘリの会員と分かった。そこで翌2日、県警があらかじめ借りていた親機をヘリに搭載して捜索すると、わずか15分で見つかった。

https://www.sankei.com/region/news/190917/rgn1909170003-n1.html

岩手県で遭難した人のレポートを読んでるんですけど、ココヘリは充電しないと、動いてくれないみたいですね・・・。命の充電です!
登山前に限らず、毎晩充電器につないで常に肌身離さず持ち歩くレベルでもいいかもね。
年会費がたったの3650円なんて、安過ぎます!入会締め切りをしないかどうかが、心配です。
会員数がまだ25,000人というのが信じられないね。開発しているオーセンティックジャパンにとっては年間で1億円にも満たない売り上げにしかならない。俺の考えでは50~70代を中心にこの10倍は会員数のポテンシャルがあると思う。
登山以外でも、使えますよね?
使えるんじゃない?そこは説明書を読み込まないと何とも言えないが。

Bluetooth機能をつけた”ココヘリプレミアム”はさらに便利

さらにはココヘリプレミアムというサービスもあるそうだ。発信機を部屋のどこかになくした場合とか、あとは駐車場に置いた車を探す時とかにも使えるらしい。
えっ?じゃあ、普通は発信機をなくしたら、ダメなんですか?
わざわざ受信機を持ってきてもらって探さないといけないらしいね。そこでココヘリではPREMIUMプランを用意したようだ。受信機にBluetooth機能をつけて、デザインも少し高級っぽくなってる。
スマートフォンアプリと連携するなら、便利ですね!ボクでも、使いこなせそうです。
ワトソン君はなくし物とかは多いタイプ?それなら、大事な鍵とか財布にでも入れておけばいい。もしくは自分自身にくくり付ければ迷子になっても見つけてもらえる。普段でも半径200mまで対応しているそうだ。
プレミアムLコースでは、「ライフビーコン」という別の発信機が付いてくるみたいです!ボクに付けるなら、このライフビーコンで十分だと思います。
ライフベーコンじゃないからな?間違って食うなよ?
そんな事絶対にしません!ボクは食いしん坊ですけど、区別はつきます!もう!
当たり前だろww マジになって反論するなよwww
それでも年会費8500円なんて、信じられないです・・・。月会費8500円でも、良かったのでは?
東京ならそれでも相当数会員が増えるだろうね。何しろ安全はいくら金を出してでも買うべきものだ。月8500円で命が救われるならあまりにも安い。
オーセンティックジャパンには年会費ではなく月会費でのビジネスプランを提案したいところだ。会社の経営が安定した方が会員としても安心だろう。
月8500円なら、発信機が3つ位欲しいです!家族分を全員用意したい人は、多いと思います!
子供だけじゃなく妻とか両親とか、親戚とかいくらでも想定されるよね。使い道は無限大に考えられる。まあ福岡企業だから経営コストが安い分価格も安くできていると思うことにするよ。

まとめ

まとめに入ろうか。
位置情報特定サービス「ココヘリ」
・発信機を持っていれば、ヘリコプターが助けに来てくれるサービス
・会員数は25,000人
・発信機はメイドインジャパン
・SIMPLE、PREMIUM、PREMIUM Lの3種類のプラン
・年会費はそれぞれ3,650円、5,000円、8,500円
・PREMIUMなら発信機にBluetoothがつきスマホアプリと連携
・3フライト、9時間まで無料
・遭難事案23件中22件で発見できた
・15分で見つかったケースも

すごいサービスだと思います!ボクも、会員になりたいです。
会員登録フォームを見たけど、年齢制限とかは特にないみたいだね。まあクレジット決済か銀行決済になるから親が買う前提ではあると思うが。ワトソン君も必要だと思うなら、会員登録してみたらいいんじゃないかな。
黒井さんは、どの色にしますか?やっぱり「マットブラック」ですか?ボクは、サハラベージュの他に、パールホワイトとか、プレミアムイエローがあった方が、いいと思います!
自動車の色じゃないんだからww しかも俺も登録する前提かよwww