海外転職・起業

インドネシアで就労ビザを取得する方法は? C312ビザで2年間の居住が可能に

ワトソン君、今日は久しぶりにビジネスサイト用の記事を作ろう。約束通り、インドネシア移住のために必要なビザについてだ。
あまり興味が持てないんですけど・・・。話半分で聞いてもいいですか?
まあそう言うなって。インドネシアは新型コロナウイルスでも感染者ゼロのままだし、移住先として検討するのは悪くないと思うけどね。ざっと調べてみたから、まあ聞いてくれ。

観光ビザは2015年から不要、商用の場合は到着ビザ

インドネシアに入国するには、何が必要なんですか?
ワトソン君は別にして、普通の日本人は30日以内ならビザが不要だそうだ。2015年6月12日までは到着ビザの取得が必要だったが、それが不要になったんだ。
「到着ビザ」って何ですか?
名前の通り、インドネシアの空港に到着した時に取得するビザのことだよ。費用は数千円程度だ。日本人には2015年までこのビザ取得が義務付けられていたが、観光で30日以内に出国する限りは不要になった。
じゃあ、仕事で来た場合には必要なんですか?
その通り。入国審査の際に何のために来たのかを聞かれると思うけど、この時にもし口を滑らせて商談のためだと言ってしまった場合、カウンターで到着ビザの手続きが必要になるという話だ。
それで済むなら、大した違いはないんですね!
さらに観光であっても30日以上滞在する予定がある場合には、やはりこの到着ビザが必要になる。入国管理局で1回だけ滞在期間を30日間延長する手続きが可能になるそうだ。
それでも、合計で60日しかいられないんですね・・・。短いと思います!
観光前提で来るなら十分だと思うけどな。当然長期滞在するならそれなりのビザ取得が必要になる。いわゆるビザランという出国と入国を繰り返す方法での滞在期間延長も1年2回程度が目安だという。
観光ビザについてまとめるとこうなる。

インドネシアの観光ビザについて
・30日以内に出国するならビザ不要
・30日を超えて滞在するなら到着ビザの取得が必要、1回だけ30日延長可能
・商談で来る場合は必ず到着ビザの取得が必要

B211(シングルビザ):初回60日+最大6カ月間

長く住むには、どんなビザが必要になるんですか?
ここから細かくビザの種類が分かれてくる。まず“B211”という名前のシングルビザについて見てみよう。後で参考資料は示すから安心してほしい。
どんなビザなんですか?
商用や取材目的での入国の際に、ある程度長い期間滞在したい場合にこのビザを取得するそうだ。さらに細かくB211A(商用)、B211B(工場訪問)、B211C(取材や撮影)の3つに分類される。
もう頭がこんがらがってきました・・・。
まあ落ち着けww このB211ビザは最初から60日間連続で滞在できて、しかも30日ごとの更新を繰り返しながら半年間居住できるそうだ。普通の観光ビザや商業ビザであれば30+30だが、このB211ビザは60+30+30+30+30が可能になるということ。
じゃあ、半年間ですね!それでも、まだ短いですけど・・・。
あまり長くいてもらっても困るからな。基本的には観光ビザ+αという感じだと思う。まあこのビザをわざわざ取ってまで長期滞在をしようという奇特な人はいないだろうから、次へ進もう。

B212(ビジネスビザ):頻繁な出入国が可能に

次にB212というビザについてだ。これは“ビジネスビザ”と呼ばれていて、60日間滞在が可能だがそれ以上は延長できない。その代わりに1年間の期間が別途設定され、期間内なら何度でも出入国できるというものだ。
日本と行ったり来たりするって事ですか?
そういうことになるね。つまり長期滞在用ではない。商用で往復が多いビジネスマン向けで、工場の訪問については許可されていないようだ。
工場に行っては、いけないんですか?
例えば中国や韓国とかから頻繁に“ビジネスマン”がやってきて工場内部をくまなく調べて撮影するだけして帰るというような活動をされては困るよね。そこは一線を引いてるわけだ。
分かりやすい説明です(笑)
やはりこのビザを使って長期滞在をしようという奇特な人もいないはずだ。次へ進もう。

C312(就労ビザ):唯一就労可能なビザ、2年間

これまでのビザはどれも観光や商用に限ったもので、インドネシア国内で働くことを許可したビザではない。だがC312といういわゆる就労ビザだけはそれが可能になるビザだそうだ。駐在員や現地採用などの他に、工場に立ち入る場合にも例外なくこの就労ビザが必要になる。
やっとそれらしいビザが出てきましたね!最大で何日間住めるんですか?
2年間だ。このビザについては年々取得が厳しくなってきているらしく、職務にふさわしい学歴が必要になるとされている。
学歴って事は、大学を卒業していた方がいいんですか?
学部卒は必須だろうね。でなければ5年以上とかの相当長い職歴が必要になると思うけど、そこまで長く働くくらいなら大学を卒業しておく方がはるかに楽になるはずだ。
マナブさんは、大学の勉強はムダだからやめろっていつも言ってるんですけど・・・。
それは大学で勉強に励むより自分のビジネスを始めた方がいいという意味であって、大学に行くなとは言ってないと思う。要するに勉強せずに単位を取って最小限の労力で卒業しろってこと。
ええっ?勉強しないのに、卒業できるんですか?
マナブ氏の主張を総合するとそうなる。マナブ氏は大卒だから世界各国を飛び回ってビザを取得できるんだろうが、大卒でない場合にはほぼすべての道が閉ざされることになる。
確かに・・・。マナブさんは、会社には行った事がないって言ってました!職歴も、5年間もないと思います。
まあ大卒とは行っても米欧諸国じゃ学歴とみなされない可能性があるし、有名大学ならまだしも大して名の知られてないランク外の大卒では他の国でもビザは厳しくなると思う。ちなみにマナブ氏ってどこ大なの?
調べたら「2014年に法政大を卒業」と出てきました!
そこそこいい大学を出てるんだね。マナブ氏は多分大した勉強をしなくても簡単に単位を取って卒業できる要領のいいタイプだから、あまり彼の言葉を真に受けない方がいいと思う。

C312就労ビザの取得手続きは煩雑

このC312ビザを取得する手続きはそこそこ煩雑で、期間としても最低でも3カ月以上は見ておいた方がいいと思われる。
どんな手続きをするんですか?
まず現地法人が雇用計画書をインドネシア当局に提出し、その後推薦状の発行を申請する。この推薦状に学歴証明書などを添えて審査してもらうというわけだ。
それで、審査が終わるとビザを取れるんですか?
いや、まだだ。その後査証発給許可書(VTT)というものをインドネシア当局に申請する必要があって、このVTTをゲットして初めて就労ビザを申請する権利が得られるそうだ。
ええっ?どうしてそんなに面倒なんですか?取る気が起こらないです・・・。
簡単にビザが取れたら誰もかれも入国し放題になるだろww
そしてVTTが無事に発行できたらようやくC312の就労ビザを申請し、日本のインドネシア大使館でそれを受け取ることになる。
やっとビザが入手できたんですね!長かったです。
まだまだ。その後インドネシアに行ってから外国人就労許可や一時滞在許可などの様々な許可を得なくてはならない。これを1週間以内を目安に完了させて、初めてインドネシアに2年間滞在できる権利を得られるというわけだ。
難し過ぎます!ボクにはムリです!
ワトソン君には関係ない話じゃなかったのかよww まあいいや。普通はエージェントに大半の業務を任せられるから、金の力で手続きを最小限にできると思う。全部自力でやるのは不可能だろう。

まとめ

他にも永住権とかリタイアメントビザの話もあるんだけど、一旦ここまでの話をまとめておこう。

インドネシアの就労ビザについて
・B211ビザ(シングルビザ):1回で60日間の滞在、30日ごとの延長で6カ月間まで滞在可能
・B212ビザ(ビジネスビザ):1回で60日間の滞在、1年間で何回でも出入国可能
・C312ビザ(就労ビザ):2年間の滞在が可能
・就労ビザの取得には職務にふさわしい学歴が必要

細かい部分を取り上げればもう少しまとめは長くなるが、まず知っておきたいのはこの程度だと思う。詳しくは参考資料を見てもらうという形にしたい。
インドネシアで法人を設立して、就労ビザを取る事はできないんですか?
インドネシア法人についても当然調べてある。機会を見て取り上げたいと思うが、それなりにハードルが高そうな印象を持った。
そうなんですね・・・。ハードルは、乗り越えられると思います!
妙な前振りをするのはやめてくれww
参考資料としたサイトを提示する。JETROや法人運営のサイトのみを参照した。詳しい情報が知りたければこれらの資料を見てほしい。

就労ビザの種類とその取得方法:インドネシア – ジェトロ
https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-010961.html
インドネシアの就労ビザ申請について
https://www.yappango.com/keywordpage/indonesia_visa.html
インドネシアのビザ10種類の特徴と申請方法を徹底解説!
https://sekai-ju.com/life/idn/visa/indo-visa/