海外転職・起業

News U.S. Business 本格始動。

ワトソン君、まだ起きてるか?Businessの方を本格始動させようと思う。協力してほしい。
起きてます!今日はあまり眠れなくて・・・。最近、ビジネスサイトの方の更新が減ってて、気になってたんです!
今までは前座のようなもので、今日からが本番だと思ってほしい。大きくサイトの方針を転換させるとともに、このBusinessが何のためにあるのかも少しずつ明らかにしていく予定だからだ。

記事URLに大幅に手を加える

一体何をするつもりなんですか?
まずBusinessでいくつか仕様を変更することにした。そのうちの1つが記事URLの固定化だ。今はまだ分からないと思うが、日付形式をやめることにした
ええっ?どういう意味ですか?
日付ではなく、その記事の内容をダイレクトに表現する文字列に自由に変更できるようにするってこと。これにより記事に追記事項があった場合、いつでも更新時間を最新のものに変更することができるってわけ。
今までは、更新日時がそのままアドレスになってましたよね?
その通り。だがそれでは本家News U.S.と何も変わらない。変わり映えがしないし、何よりも更新時間を最新のものにした時点でURLが変わってしまう。これではダイナミックな記事更新は難しいと判断したわけだ。
じゃあ、今度からは記事の内容を更新して、日時を最新の物にしても、アドレスが変わらないって事ですか?
今回の記事は“startup”というURLにする予定だ。“起動”とか“始動”という意味になるが、起業したばかりのベンチャー企業のスタートアップともかけている。本家のような政治経済の要素は抜きにして、起業に役立つためのサイトにしていきたいという俺の願いを込めることにする。
カテゴリーの一覧も、いつの間にか「海外転職・起業」になってました・・・。
各国各地域の平均年収を調べるのも悪くはないが、それは俺が本気でやりたいことではない。これまでの2カ月弱の時間は実験期間だったと思ってほしい。
記事URL形式を日付から自由形式にする時のメリットをまとめるとこうなる。

・更新日時を常に最新のものにできる
・検索エンジン対策にもなる
・1つの記事を大事に長く使うことができる

いいですね!何だか、本家と全然違うサイトになりそうです!

4つのカテゴリのうち3つを捨てて1つを生かす

それに伴いカテゴリもさらに先鋭化させていく。4つあったカテゴリのうち3つを強調して、それぞれに関して尖った内容を追及していくようにしたい。

・海外転職・起業
・不動産
・オンラインサービス

黒井さん、フィットネスは多分長続きしないと思います・・・。中国のフィットネスクラブが倒産続きだという話を本家でまとめて、それ以来やる気がないです。
それな。自分でもいまいちな判断だったと思った。だから残り3つを強調していくことにした。さらには不動産についても今韓国でバブルがはじけそうだという話になってるからやはり悩ましい。
不動産って、どんな時に調べるんですか?
一番は引っ越したい時だね。それから単純に格好いい物件の画像を見たい時とか。不動産の取引をしたいと思った場合にはおそらくネットは使わずすぐに担当の不動産業者にメールをすると思う。
つまり購買行動にはつながりにくい。よって不動産も優先カテゴリからは外れる方向性だ。
じゃあ、何が残るんですか?
やはり海外起業だろうね。我々は本家ですでに国際カテゴリに特化したニュースサイトの地位を確立させているが、あれをこっちのBusinessでも反映させようという考えだ。
いいと思います!ボク達の強みは、やっぱり海外に強い事ですよね?
そう。そして残念なことにオンラインサービスもまた国ごとの違いが強く出るから、日本の読者向けに紹介するサービスはどうしても日本語もしくは日本国内で展開されているサービスということになってしまう。我々の得意分野からは外れてしまうわけだ。
消去法で、海外起業になりそうですね・・・。海外起業サイトとして、特化させてみては?

インフルエンサーの穴を埋めていくポジション

まさにその方向で行く予定だ。最近はワトソン君の行動を見習ってビジネス系のツイッターアカウントをいくつかフォローしてるんだが、どれもこれも日本国内もしくは日本語限定の前提なんだよね。拡張性があまり大きくないと感じることが多い。
マナブさんや悠斗さんは、見てますか?
一応ね。どちらも海外を主軸にしているのはいいと思う。だがもう少しコアな部分を掘り下げたいね。2人とも悪くはないが表面的な話や精神論的な話に終始している一面があるからな。
確かに、その傾向はありますね・・・。黒井さんは、どういう方向で進めるんですか?
まずツイッターを主軸にしてないという強みを活かしたい。つまりツイッターでバズらせたり過激なことを言って気を引くようなことをしなくていいわけだ。その分本気で調べたいことを追求できると考えている。
それは思いました!普通なら、ゼロからやる場合は、インフルエンサーに頼まないと大きくできないと思うんですけど、ボク達の場合は横展開ですよね?
それそれ。誰かの威光にすがるようなことをしなくていいのが一番気楽だね。その分自由度を確保できる。ツイッターで大きくなったような場合は、常日頃ツイッターにかじりついてないといけないだろ?それは大変だと思ったわけよ。
マナブさんも、自由な感じはするんですけど、ツイッターの頻度も多いので忙しそうです・・・。ボクには、絶対にムリです!
いわゆるインフルエンサーと聞くと顔がぱっと何人か思い浮かぶけど、逆にどの人も似たり寄ったりで画一化されてる気がするね。その隙間を我々が埋めたいというのはある。

まとめ

まとめよう。

・記事URLを自由形式に
・1つの記事を長く使う方式に
・海外起業のカテゴリを先鋭化させていく
・我々の強みである海外の知識を存分に活かす
・インフルエンサーには埋められない隙間を埋めていきたい

いいですね!何だか、やる気が出てきました!ワクワクしてます。
それならよかった。早速アイデアを形にしようと思うから、準備をしておいてくれ。